バーキンの買取とタイミングは関係があるの?

橋本 昌彦
シニア査定士
橋本 昌彦
更新日:2018.06.11
 バーキンの買取とタイミングは関係があるの?
バーキンを売るなら、1円でも高く買取ってもらいたい!と思うのが普通ですよね!
では、バーキンの買取はどのタイミングで出すと高く買取ってくれますか?
ここでは、買取に出すタイミングと買取価格の関係と併せて、買取価格のに差が出る理由などについて解説していきます。

バーキンの買取とタイミングは関係があるの?

バーキンを買取に出すタイミングによって買取価格が変わるのかというと、実際に変わることがあります。理由は後ほど解説しますが、買取に出すタイミングは、一番は12月・1月、次に6月・7月です。

買取価格に差が出てしまう理由とは?

タイミングによって買取価格が変わる理由としては、主にバーキンの需要が挙げられます。実は、バーキンにもよく売れる時期とそれほど売れない時期があるのです。
アパレル業界と少し似ていて、冬夏のボーナスが出る時期や、3月末から4月中旬の新生活が始まる春頃は、バーキンの購入需要が高まる傾向にあります。その時期に販売するバーキンの在庫を確保しておきたいことから、買取店は多くのバーキンを買取れるように、その少し前のタイミングから買取価格を高くつける場合が多いようです。
それから決算月も関係しています。日本の会社の決算月は主に3月と9月です。中古ブランド業界も例外ではなく、この時期に売上を上げられるよう、バーキンの買取を強化しているところが多いので、この時期には高く売れる傾向にあるようです。

結局バーキンを買取に出すベストなタイミングはいつ?

このように、比較的高く売れるタイミングというのは確かに存在します。しかし、バーキンの価値が一定かというと決して違います。今となっては、日によって相場が変わってもおかしくないのです。
そのため、高く売れるタイミングを無理に待つよりも、売りたい!と思ったら、バーキンの販売力の強い業者に売るのがベストなのかもしれません。