ケリーで高価な買取を目指すなら、この3つのことを心かけるべき

橋本 昌彦
シニア査定士
橋本 昌彦
更新日:2018.05.31
ケリーで高価な買取を目指すなら、この3つのことを心かけるべき
大切なケリーを手放そうと決めたら、できるだけ高く買取ってもらいたいと思いますよね。知っているのといないのとでは、買取金額に差がつくポイントをご紹介いたします。

1.売ると決めたら一刻も早く査定へ

限定モデルや生産数が少ない希少モデル以外は、年数が経つほど相場が下がってしまいます。
「使わないから売る」と決めたらすぐにでも査定に持ち込みましょう。一度も使用していない品物でも、何年もクローゼットで眠ったまま...になってしまうと、経年劣化や保存状態によって、未使用品としての価値が付かない場合もあります。同じ色・形のモデルでも、年式が違うだけでも査定金額が変わってきます。

2.付属品の有無を確認する

ケリーの付属品は以下のとおりです。
・鍵2本
・カデナ
・クローシュ
・ショルダーストラップ
・保存袋
・レインカバー
※レインカバーは2001年以降の品物に限ります。カデナは南京錠、鍵2本はクローシュの中に収納されています。付属品は揃っているほうが好ましいです。手元にあるものはすべてまとめて出しましょう。
特筆すべきは、ショルダーストラップです。バーキンは完全なるハンドバッグなので、ショルダーはついておりません。それに対してケリーは肩にかけて使うこともでき、実際に多くユーザーから「ショルダーがあったほうが使いやすい」と言われています。
ケリーにショルダーはマストと言っても過言ではありません。逆に、ショルダーがない場合はマイナスポイントになることを覚えておきましょう。
また、可能であれば、オレンジボックス(外箱)も一緒が望ましいです。特に比較的新しい品物だと、箱の有無で査定金額が変わることがあります。また、引き渡し前に付属品をきちんと把握しておきましょう。

3.できる限り綺麗な状態で

査定に出すまでに時間が空くときには、特に保存状態には気をつけましょう。
直射日光を避け、湿気のないところで保管するのがポイントです。特にケリーは、変色によって被せの上部と下部で色の濃さが違うと目立つので、マイナスポイントになります。そばに置いていると自分では気付きにくいですが、客観的に見ることが大切です。
また、拭くだけで取れるような汚れは残さず綺麗にしておきたいところです。柔らかい布を使い、傷がつかないように注意してください。臭いがついていたり、内ポケットに細かい屑が残っていたりするのも、できる範囲で処理しておきましょう。

まとめ

ケリーバッグは人気があり、市場価値も高い商品なので、状態の良いものなら高額な査定になることも十分あり得ます。ぜひ、お持込みの前にいま一度ご確認を。