ケリーラキを持つ人はラッキー!100%高価買取対象に決定されるわけが?

橋本 昌彦
シニア査定士
橋本 昌彦
更新日:2018.06.11
ケリーラキを持つ人はラッキー!100%高価買取対象に決定されるわけが?
1935年、サドルバッグを女性用に改良したサッククロアをルーツに持つケリーバッグですが、その名称はモナコ王妃であるグレース・ケリーの名前を冠した「ケリー」と呼ばれるようになりました。
その由来はご懐妊をした時の撮影で、お腹をサッククロアで隠したことが話題となり「ケリーバッグ」のニックネームで呼ばれるようになったのです。そして20年後、モナコ公国からネーミングの使用許可が許され、現在の「ケリー」として正式に変更され、現在も世界中の女性たちの憧れバッグとして愛され続けているのです。
そんなケリーの派生モデルとして誕生したのがここで紹介するケリーラキ。基本デザインはケリーをベースにしながらもフロント部分に2つのファスナー開閉式外ポケットをデザインし、背面にも大きなファスナーポケットを与えることで高い収納力をプラスしています。
ケリーラキの魅力は収納力の高さ。前後ポケットをすくめて合計6つのポケットを備えることで、日常的な使いやすさをアピールしています。ケリーの美しいデザインは大きな魅力ですが、フラップを開閉しなければ荷物を取り出せないというデメリットを解消し、現代女性に向けた快適性と美しさを両立しています。

ケリーラキの買取・査定ポイント

実用性の高いケリーラキだけに、ファスナー開閉式のポケットの傷や使用感が査定金額を大きく分けてしまうことになります。荷物を出し入れする時に付いてしまった傷や、素材の使用感は査定のポイントに。
また、スタンダードなケリーとは異なり、幅の広いショルダーストラップを備えているのですが、ストラップのコンディションも大きなポイントになること覚えておきましょう。
ケリーラキには
28(W28cm×H20cm×D10.5cm)
32(W32cm×H23cm×D12cm)
35(W35cm×H23cm×D14cm)
40(W40cm×H27cm×D15cm)
の4つのサイズが用意され、日本人にフィットするケリーラキ32、35の人気が高く、人気の高さは査定金額にも反映されています。

デイリーに使える収納力の高さはバッグのコンエディションを左右する

ケリーラキを初めて知った…という方も少なくないと思いますが、それだけ個体数が少ないバッグだともいえるでしょう。
それだけに、手に入れれば注目を集めることになるのですが、外ポケットをWで備える実用性の高さはバッグのコンディションを大きく分けるポイントになります、特にブラックのなどの濃い目のカラーはデイリーに使うことで、角スレが目立ちやすくなるので注意が必要です。
また、外ポケに小物を収納する場合、リングやネイルで素材を傷つけないよう心掛けてください。重たい荷物を入れてショルダーバッグとして使うと、ストラップにストレスが掛かりやすくシワや劣化にもつながります。便利に使えるケリーラキだからこそ、日常的なお手入れをしっかりと行ってください。