パスキードの買取なら、
銀座ショーマ にお任せください!
パスキードとは、1975年に発売されたショルダーバッグです。ヴィンテージな雰囲気をもつデザインアが、様々なシーンをエレガントに仕上げてくれると好評です。また美しい見た目に反して、十分な収納力も併せ持ち、なにより使いやすいショルダーバッグのため、カジュアルシーンで活躍しています。エルメスを代表するバーキンやケリーよりも、人気が低い傾向にパスキードですが、誕生してから40年以上の歴史がある、由緒あるバッグです。また高級感溢れるアイテムでもあるため、エルメスフリークからの人気も集め、買取店や中古市場では需要を高めています。パスキード自体が他のアイテムに比べて、中古市場で流通が少ないため、中古ランクでも最低50万円は超えるアイテムとなります。また新品の場合はそれよりも高くなる傾向で、80万円近い査定結果が期待できます。

パスキード買取について

買取実績·価格

買取対象一覧

売却方法

ABOUT US

お問い合わせ先

  • 銀座本店

    (+81) 120-900-864

    【営業時間】

    11:00〜22:00

-パスキード 買取実績-

過去の相場がわかる

-パスキードの買取動向-

一番高く売れるパスキードって何だろう?

調べたいスペック
更新日: 2018.06.26
  • サイズ 最低買取価格(万円) 最高買取価格(万円) 平均買取価格(万円)
    23cm 80 80 80
    32cm 53 53 53
    *この統計は銀座ショーマの買取実績データに基づくものです
  • 状態 最低買取価格(万円) 最高買取価格(万円) 平均買取価格(万円)
    新品 80 80 80
    中古B 53 53 53
    *この統計は銀座ショーマの買取実績データに基づくものです
  • 素材 最低買取価格(万円) 最高買取価格(万円) 平均買取価格(万円)
    トワルアッシュ 80 80 80
    ボックスカーフ 53 53 53
    *この統計は銀座ショーマの買取実績データに基づくものです
銀座ショーマがパスキードを買取して、最も高い買取価格は80万円ということがグラフからわかります。その買取価格を実現したアイテムは、新品のコンディションでキャンバス素材の中でも特に人気の高いトワルアッシュを使用しています。
全体をトワルアッシュでまとめ、ショルダーやベルト部分にクシュべルを使用したアイテムで、あまり見かけないアイテムのため、高い査定結果になりました。また最低買取価格はボックスカーフを使用した中古Bのパスキードの53万円です。ボックスカーフの独特な光沢感と重厚感で、パスキードをエレガントに仕上げていますが、中古Bランクということは使用感が少し目立つ状態のため、査定価格に影響されました。
このことから、中古Bランクでもパスキードは50万円以上の買取価格が期待できるということです。

-エルメス買取専門店のGINZA XIAOMA-

日本一の専門店を目指す

  • 橋本昌彦 銀座店担当
    Masahiko Hashimoto
    査定歴 25年
    査定点数 100万点
  • 車田乃亜 香港支店担当
    Noa Kurumada
    査定歴 10年
    査定点数 30万点