このページの目次

    エルメス オータクロアを解説|このブログさえ読めば他は要らない!

    更新日:2019.08.22
    エルメス オータクロア

    ファッション界で絶大なる人気を誇る三大メゾンのひとつ、エルメス。創業から200年近く経った現在でも、その魅力は劣ることはありません。

    そんなエルメスといえば、やはりバーキンやケリーといったバッグ類を思いつきますよね。

    エルメスが誇る高品質なレザーと、洗練されたフォルムが楽しめるバーキンとケリーバッグ。現在ではエルメスを代表するアイテムとなりました。世界中のセレブとって一種のステータスとしても、高い価値があります。

    ではそんなバーキンやケリーが、あるバッグを基に制作されたことをご存知でしょうか?そのバッグこそ、今回ご紹介するオータクロアです。

    エルメス オータクロア

    アンティークな印象があるオータクロアですが、新作なども登場しているため、バーキンやケリーと同じく、エルメスを象徴するバッグとして注目をあつめています。そんなオータクロアを、あなたはどれくらい知っていますか?

    バーキンよりも重厚感があるオータクロアが良い!という評判もありますが、オータクロアについてあまり知らない方が多いのではないでしょうか。

    オータクロアを購入したいのならば、オータクロア自身の魅力なども知っていて損はありません。今回はあまり知られていない、オータクロアについて解説していきます。背景や相性の良い素材などはもちろん、販売価格や買取価格なでも合わせてご紹介しましょう!

    エルメスの影の立役者、オータクロアとは?

    エルメス オータクロア

    ポストバーキンと名高いオータクロアを徹底解説

    エルメス オータクロア

    そもそもオータクロアとは、エルメスを象徴するアイテムでもあるバーキンの原型にもなったバッグです。エルメスフリークからは、「ポストバーキン」とも呼ばれ、人気を集めています。

    全体的に少し縦に長い印象があるオータクロア。数多くあるエルメスアイテムの中でも、特に大きめなサイズ感があります。

    バランスがとれたフォルムをもつオータクロアは、飽きがこないデザインとしても人気。

    サイズ展開も豊富で、普段使いからメンズや旅行バッグとしても使えるサイズもあります。またクラシカルなデザインのオータクロアは、アンティークアイテムとしても需要を高めています。

    誕生から100年以上!エルメスを支えてきたオータクロアの歴史

    エルメス オータクロア

    オータクロアの始まりは、昨今のエルメスの始まりでもあります。

    1837年に高級馬具店としてフランスパリから始まったエルメス。当初は王室御用達にもなった質の高さと、技術力が高い職人が特徴的なブランドでした。

    そんなエルメスから1892年に誕生したのが「オータクロア」。最初はバッグではなく、乗馬の際に使用する鞍を収納するアイテムとして制作されました。ですが時代は馬車から自動車文明として進み、オータクロアは本来とは違う、旅行バッグとして人気を博しました。

    バッグとして人気を集めたオータクロアをきっかけに、エルメスはファッション業界に進出することになりました。

    誕生から100年以上経過しているオータクロアは、いくつもの時代を過ごし、現在でもその魅力を色褪せず存在している由緒正しきバッグ。現在のエルメスが世界中から愛されているのも、オータクロアが誕生しなければ、その人気もなかったでしょう。

    そして最近、オータクロアをドラマの中で女優が使用していたことから、注目をあつめています。

    オータクロアと相性抜群な2つの素材をご紹介

    オータクロアを購入する時、重点的に気を付けないといけないポイントは何だと思いますか?サイズ?価格?お色?…すべて大切なポイントですが、今回はエルメスの誇る、高品質な素材をご紹介します!

    オータクロアの印象を決めるといっても過言ではない、素材。今回はオータクロアで多く選ばれている2つの素材を、事例とともに確認しましょう。

    エレガントに仕上げたいなら、ボックスカーフ

    オータクロア

    シックな雰囲気をもつオータクロアは、フォーマルシーンでも多く活躍が期待されています。そのためオータクロアを上品な印象で演出してくれる牛革との組み合わせは人気が高く、その中でもボックスカーフはオータクロアと相性抜群です。

    エレガントな光沢感をもつボックスカーフは、使用頻度に応じてさらに光沢感をもつ性質があります。アンティークな存在感があるオータクロアに最適な素材ですね。

    型崩れを気にするなら、アルデンヌ

    オータクロア

    アルデンヌとはフランス北部から、ベルギーの南部にあるアルデンヌ地方の雌仔牛を使用したレザーとなります。現在では廃盤となっている素材ですが、歴史の長いオータクロアとは多く展開されているため、中古市場でも多く見かけます。

    型押しレザーが特徴的で、硬さもある素材です。そのため、縦長という少し変わっているオータクロアの型崩れなども防いでくれます。

    オータクロアが誇る、7つのサイズ

    エルメスのバッグの最大的な特徴は、そのサイズ展開の豊富さです。それぞれのニーズに合ったサイズが用意されています。

    それはオータクロアも同様です。またオータクロアは7つもサイズが展開されているため、多種多様なニーズに応えることができます。今回はサイズの概要はもちろん、そのサイズに合ったシーンやコーデも合わせご紹介いたしますので、ぜひご参考にしてみてください。

    普段使いにぴったりな最初サイズ、オータクロア28

    エルメス オータクロア

    W28×H25×D14cm

    オータクロアの中で最も小さいサイズである、28cm。バーキン30とほとんど変わらないサイズ感ですが、オータクロアの中では最小サイズのアイテムとなります。

    元々のオータクロアにはないサイズでした。ですがコンパクトなバッグが若い女性を中心に近年人気を集め、シックで重厚感のあるオータクロアですが、サイズ28cmならデイリーバッグとしても気軽に持ち歩くことができると好評です。

    最小サイズではありますが、収納力も高いため、荷物が多い方やビジネスシーンでも活躍が期待されています。メンズがもつイメージがあったオータクロア。ですがサイズ28cmなら荷物を収納しても、あまり重たい印象にはならないため、デイリーバッグにも最適です。

    またこちらのサイズはエルメスのブティックではなかなか見かけることが少ない珍しいサイズでもあります。

    オータクロア

    全身ブラックにみに纏ったこちらのコーデ。そこに同じくブラックのオータクロア28をプラスすると、全体的に統一感が出てスタイリッシュな雰囲気に仕上がりますね。

    小さすぎず、大きいすぎない絶妙なサイズ感、オータクロア32

    エルメス オータクロア

    W32×H27×D16cm

    サイズ28cmよりも少しサイズアップした32cm。オータクロアの中で最も選ばれている人気なサイズです。

    オータクロア32は、小さすぎず、大きすぎない絶妙なサイズ感があるアイテム。コンパクトバッグのブームなこともあり、若い女性を中心に高い人気を誇ります。またそのサイズ感から、比較的小柄な体型の方でも、違和感なく持ち歩きができるアイテムです。

    落ち着いた印象をプラスするオータクロア32。収納力も高いため、お出かけバッグにも最適ですが、こちらのサイズならフォーマルなシーンでも合わせやすくなります。

    オータクロア

    どんなコーデでも合わせやすいオータクロア32なら、カジュアルでフェミニンな印象をもつワンピースでもキュートに持ち歩くことができますね。

    どんなニーズにも応えられるサイズ、オータクロア40

    エルメス オータクロア

    W40×H40×D23cm

    正方形のようなフォルムをもつオータクロア40。オータクロアで展開されているサイズは7つのため、丁度真ん中あたりのサイズとなります。

    オータクロアの魅力を余すことなく味わえるアイテムで、収納力も優れています。そのためビジネスバッグやデイリーバッグはもちろんですが、ちょっとした旅行バッグとしても人気を集めているサイズです。

    オータクロア

    チェック柄のロングコートなら、存在感ばっちりのレッド系オータクロア40でも違和感なく持ち歩くことができます。

    どんなニーズにも適応するサイズ、オータクロア45

    オータクロア

    W45×H28×D24cm

    サイズが大幅アップしたオータクロア45。大きめなサイズですが、オータクロアのデザイン性からか、あまり大きいイメージがつかないアイテムとなります。

    そのサイズ感から、収納力が高いオータクロアですが、サイズ45までいくと、A4サイズのファイルや資料はもちろん、ノートパソコンも収納してもまだまだ空きが生まれます。そのためオータクロア45はビジネスシーンでもよく利用されているアイテムです。

    オフィスカジュアルやビジネススタイルの際、ハイヒールをよく合わせたりしますよね。オータクロア45は意外と様々なスタイルに合わせやすいアイテムなため、最適です。

    オータクロア

    カジュアルなデニムスタイルでも、鮮やかなレッド系のオータクロア45なら、気兼ねなくコーデにプラスできます。

    メンズから人気を集めるサイズ、オータクロア50

    オータクロア

    W50×H41×D26cm

    誰にも負けない存在感をもつサイズ50cm。インパクトも存在感も収納力も他には負けないアイテムとなります。

    ある程度の大きさになると、もともと重さがあるオータクロアはさらに重量を感じてきます。またそこに荷物を収納すると、女性では簡単に持ち歩くのは難しくなります。そのためオータクロア50はメンズバッグとして需要を高めています。

    そして収納力もあるサイズなため、旅行バッグにも最適です。

    オータクロア

    フォーマルなスーツスタイルでも、その存在感をさらにアップしてくれるオータクロア50。優美な色合いでもあるため、コーデ全体をエレガントに仕上げますね。

    旅行バッグとして活躍するサイズ、オータクロア55

    オータクロア

    W55×H45×D28cm

    メンズバッグや旅行バッグとして需要を高めているオータクロア55。エルメスバッグの中でも特に大きなサイズのアイテムになります。

    重厚感あるオータクロアは、サイズ55になるとさらに、その存在感は高くなります。

    そのサイズ感から普段つかいにあまり適しませんが、1~2泊程度の旅行や出張バッグにも最適なアイテムです。

    オータクロア

    控えめなトーンに真っ赤な色合いが特徴的なオータクロア55をプラス!そのサイズ感と色合いでコーデのアクセントに。

    レアな存在感を堪能できるサイズ、オータクロア60

    オータクロア

    W60×H48×D30cm

    数あるオータクロアのサイズの中で、最も大きなサイズを誇るサイズ60cm。バッグというよりも、アンティークアイテムになります

    最大サイズであるオータクロア60は、100年以上前に登場した鞍入れのオータクロアを感じることができるアイテム。また生産数も他のアイテムと異なり、かなり低い傾向にあります。そのためオータクロア60はレアアイテムとしても注目されています。

    そのサイズ感から、持ち歩くことはかなり難しく、インテリアとして飾る方もいます。

    オータクロア

    その大きさから、あまりデイリーバッグに向かないオータクロア60。ですがコーデにプラスすると、大きなインパクトを残してくれます。オータクロアとバーキンの違いをサイズとデザインで比較!

    オータクロア

    (左からバーキン30、オータクロア28、オータクロア50となります。)

    バーキンの原型となったオータクロア。かなり見た目が似ているアイテムです。知識がないと、オータクロアが欲しかったのにバーキンを購入してた!という間違いも起きやすくなります。

    今回はよく似ているオータクロアとバーキンの違いを、デザインやサイズを中心に比べていきましょう。

    オータクロアをカバーしたバーキンの誕生秘話

    エルメス オータクロア

    オータクロアをもとに制作されたバーキン。デザインなども同じ点はありますが、バーキンはオータクロアの欠点を改良して進化させたバッグとなります。

    そもそもバーキンとは、旅行用バッグとして人気を博していたオータクロアをさらに軽量化してスタイリッシュに仕上げたアイテムです。そんなバーキンは世界中のセレブからも愛され、エルメスの人気を支えているといっても過言ではないでしょう。

    そんなバーキンが生まれたのは1984年頃。当時のエルメス社長が、荷物の多い女優のジェーン・バーキンに収納力が高いバッグを提案したことからです。

    そこで原型となったのがオータクロアでした。

    当時のオータクロアは重みもあり、サイズも大きいため、女性には少し持ちづらい印象がありました。そんなオータクロアをカバーすべく、バーキンが生まれました。

    それからバーキンは世界中の女性を虜にし、エルメスを代表するバッグに成長しました。

    似ているようでどこか違うデザイン

    オータクロア

    バーキンとオータクロアのデザイン上、最もわかりやすい異なる点は、そのフォルムです。オータクロアは全体的に縦に長い印象ですが、バーキンは正方形の様なフォルムをしています。

    オータクロア

    (左がオータクロア、右がバーキン)

    また使用されている金具もわかりやすいポイント。バーキンの金具はL字型ですが、オータクロアはコの字型で、すぐに見分けることができますね!

    オータクロア
    オータクロア

    (左がオータクロア、右がバーキン)

    大きいバーキンよりも大きいオータクロア

    デザインだけではなく、オータクロアとバーキンは全体的なサイズも異なります。

    バーキンはエルメスバッグの中でも、大きいバッグとして存在していますが、オータクロアはさらに大きなサイズを誇ります。オータクロアの方、バーキンよりも全体的に一回り大きくなっています。

    ではオータクロアとバーキンのサイズを表で比較してみましょう。

    こちらの表でもわかるように、オータクロアはバーキンよりも一回り大きいことがわかりますね。また50cm以上のバッグが欲しければ、バーキンよりもオータクロアの方がサイズ展開されていることもわかります。

    オータクロアかバーキンで購入を検討している場合は、こちらの記事をご参考にどうぞ!

    オータクロアの参考価格|意外とお手頃?

    オータクロア32 エヴァーカラ ブルージーン 中古AB

    ブランド全体でみても、圧倒的な生産数の低下と、職人不足が問題になっているエルメス。バーキンやケリーといった人気アイテムは店頭でもなかなか見かけることも、手に入ることも難しい状態になっています。

    それはオータクロアも同じです。ですがオータクロアは少し事情が違います。

    バーキンやケリーの登場により、オータクロアの需要はかなり減ってきています。やはりその重さと、サイズの大きさもあります。また全体的にどのサイズも生産数が少ないため、定価で購入は難しいでしょう。

    でもオータクロアの価格は気になりますよね?

    そんなあなたのため、今回はECサイトなどで販売されている新品や中古のオータクロアの販売価格をご紹介します!ぜひ参考にしてみてください!

    オータクロア新品の参考価格

    サイズや素材、お色次第でかなり変動はしますが、新品のオータクロアの価格は以下の様になりました。

    900,0001,300,000円前後

    バーキンよりも需要が低いオータクロアですが、中古市場でもなかなか見かけることが難しいアイテムです。その中でも新品のオータクロアは流通が少ないため、ECサイトはもちろん買取店でもあまり出回っていないレアアイテムになります。

    オータクロア中古の参考価格

    オータクロアで最も出回っているアイテムは、やはり中古状態のものでしょう。オータクロア自体はあまり需要が低いため、生産数も限られています。

    新品と同じく、今回ご紹介する中古のオータクロアもサイズや素材、お色次第でかなり変動はしますが、価格は以下の様になりました。ご参考にどうぞ。

    450,0001,000,000円前後

    最も小さいサイズで28cmという、全体的に大きなサイズの大きいオータクロアはその分他のアイテムよりも素材を多く使用しています。そのため、需要は低いですが、定価価格自体が高い傾向にあります。

    オータクロアは正規のエルメスブティックではあまり置いていないアイテムです。もしオータクロアを購入したい場合は、楽天やヤフーのECサイトを利用してみましょう。

    オータクロアの買取価格|買取実績もご紹介

    買取実績|エルメス オータクロアフラッグ40 トワルアッシュ×バレニア フィセル/パプリカ/フォーブ 【2018.10.04】

    続いては、オータクロアの買取についてご紹介しましょう。

    え?私はオータクロアの購入を考えているだけで、買取なんて考えてないけど?と思うかもしれませんが、オータクロアを購入する時、買取のことも考えると結果的にあなたがお得になるチャンスが増える可能性が高まります。

    買取する際、査定士は多くのポイントをみて査定しますが、素材とお色の組み合わせや状態を特に気にしています。

    購入する前に、買取で高くなるポイントや買取価格を抑えると、万が一オータクロアに飽きてしまっても、自分が持っているオータクロアを買取に出せばどれくらいの価格で売れるのかわかりますよね!

    今回はサイズごとの買取相場をご紹介しましょう。

    オータクロア2840

    買取価格:1,000,000円前後

    バーキンやケリーバッグの小ぶりなバッグの人気に影響されて、展開されたこちらのサイズ。他のサイズに比べると、流通数が少ないこともあり、買取価格も100万円前後とかなり期待ができますね。

    また買取ショップで売られていても、人気あるサイズなためすぐに売り切れてしまいます。そのこともあり買取ショップは高額買取してでも、小ぶりなオータクロアが欲しいのです。

    実際に買取された価格を確認しましょう。エルメス専門店である銀座ショーマにて実際に買取が成立した買取事例をご紹介します。ぜひご参考にしてみてください。

    オータクロア

    エルメス/オータクロア40/ブラック/トゴ/中古Aランク/買取価格¥1,130,000 △

    少し買取相場よりもオーバーしましたが、113万円という高額買取が実現したオータクロア40。中古でありながらも、オータクロアの稀少さがプラスされた結果となります。

    続いては本来のオータクロアの魅力である、大きいサイズの買取相場です。

    オータクロア4560

    買取価格:200,000~500,000円前後

    小ぶりなサイズに比べると、かなり低い傾向にありますね。

    それはオータクロア自体の重さと大きさに関係します。オータクロアは大きいうえに、重量もあるアイテムです。そんなアイテムは、アンティークとして魅力はありますが、デイリーバッグとして考えると、あまり人気ではありません。

    特にエルメスのターゲットである、若い女性からすると、ただでさえ重いオータクロアに財布などの荷物を収納して持ちあることなど想像できません。

    そのためオータクロアの大きいサイズはあまり需要もなく、中古市場でも人気があまりありません。ですがエルメスフリークやエルメスのコレクターからは支持されているため、買取に出しても売れない、ということはありませんからご安心ください。

    では大きいサイズのオータクロアを実際に買取成立した事例を確認していきましょう。

    オータクロア

    エルメス/オータクロア45/ブラック/アルデンヌ/中古Aランク/買取価格¥540,000 △

    オータクロア

    エルメス/オータクロア55/ハバナ/アルデンヌ/中古Aランク/買取価格¥300,000 △

    以上がオータクロアの大きいサイズによる買取実績でした。

    2つとも範囲前後の買取価格になりましたね。もちろん素材やお色、状態が関係し買取相場よりも高くなるオータクロアも存在します。

    もっとオータクロアの買取について知りたい方は、オータクロア買取相場&高価買取に繋がる3つの事|銀座ショーマも合わせてご確認くださいませ。

    まとめ

    エルメス オータクロア32 ローズショッキング シェーブル

    ここまでオータクロアについて様々なポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?ご参考になりましたでしょうか。こちらの記事があなたのお力になれれば、幸いです。

    もしオータクロアについて悩んでいる、実際にオータクロアを見てみたい!と思ったら、ぜひ銀座ショーマをご利用くださいませ!エルメスに特化したショーマなら、レアなオータクロアの悩みも解決してくれます。

    無料查定中!

    あなたのエルメスを高価買取さ
    せてください!

    HERMES專門店銀座ショーマ

    この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます

    橋本昌彦
    はじめてまして、橋本と申します。
    私は、1993年にブランドの業界に入りました。
    ブランド業界大手を2社を通し、査定士・バイヤー・店長・エリア長などの多くの経験してきました。
    ブランドと触れていく中で、エルメスの魅力に憧れ、今はエルメス専門店である銀座ショーマの店長&査定士&新人教育に日々励んでおります。
    ブログを通じて、私が25年間培った経験とノウハウを皆さんと分かち合えればと思います。
    よろしくお願い致します。

    橋本昌彦